「マツダ」の記事一覧

首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

営業車だって走りがいいに越したことはない!  営業車、というと一昔前は4ナンバーのライトバンか軽ボンネットバンが当たり前だった。  しかし、気づけばライトバンよりもアクアやプリウスといったハイブリッド車が営業車として使わ...

続きを読む...

輸入車もチラホラ見かけるが何でもOK? 意外と知らない「教習車」に使える条件とは

サイズや乗車定員に規定があり軽やコンパクトカーはNG  免許をもっている方なら、ほぼ全員がお世話になった教習車。以前はマツダのカペラあたりが多かったが、最近ではバリエーションが増えてきている。  ただ、今でもマツダは強く...

続きを読む...

MAZDA3に続きアテンザも「MAZDA6」に車名変更! 一部改良して予約受注を開始

ガソリンターボエンジン搭載の新グレードも登場!  マツダは2019年7月4日(木)、フラッグシップモデル「マツダ アテンザ」を「MAZDA6」に車名変更し、予約受注を開始した。発売は2019年8月1日(木)から。  MA...

続きを読む...

マツダの軽に初採用の安全装備も! スクラムバン&ワゴンが一部改良

夜間歩行者検知機能やオートライト機能などを追加  マツダは2019年7月4日(木)、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良して発売した。  今回の改良では、先進の予防...

続きを読む...

時代の流れかハデさはないが秀作ぞろい! 平成15年生まれのクルマ6選

先代モデルのネガを潰した秀逸作が多数誕生  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災とい...

続きを読む...

なんというお得っぷり! エコカー顔負けの燃費をもつスポーティモデル4選

燃費も走りもどっちも譲れない! というわがままな人にオススメ  燃費性能で言えばハイブリッドに叶わないものの、スポーティな走りを楽しみながらも比較的燃費のよいスポーティなモデルを集めてみた。なお、燃費の数値は公平を期すた…

続きを読む...

20年前のクルマなのに新車時の2倍も! 限定車でもないのに価格高騰の国産中古車4選

中古スポーツなのに振り回すことに気が引けるモデルも  一般的に自動車というものは購入時が高く、年数が経過するごとにその価値が目減りして価格も下がっていくものだ。もちろん、走行距離などによってもその下がり幅に違いはあるもの…

続きを読む...

現存台数は減る一方で儲かりそうにない! それでもメーカーが旧型車の復刻パーツ生産に力を入れるワケ

いま多くの車種の絶版パーツが復刻されている  最近、自動車メーカーが自社の過去の車両の部品を復刻生産するケースが増えてきている。メーカー主導でユーザーの車両まるごとレストアを実施するという前代未聞のサービスを開始したマツ…

続きを読む...

トヨタの販売現場がライバル視! 新型MAZDA3の底知れぬ実力

ブランドキャラクターの異なるマツダとトヨタだが……  5月24日にアクセラの後継車種として、“マツダMAZDA3(マツダ・マツダ3/ファストバック&セダン)”がデビューした。もともと初代アクセラのころから海外名はMAZD...

続きを読む...

発売前から高評価! 実用車ど真んなかの「マツダ3」は何がそんなにすごいのか

エンジンを変えることなく走りを大幅に向上  先月発売となったばかりのマツダ3。それまで日本国内では「アクセラ」として販売されていたミドルクラスのハッチバック及びセダンを、日本国外での名称であった「MAZDA3」に統一して...

続きを読む...

ノートかアクアかそれとも……? 国産人気コンパクトカー5台を徹底比較しベストバイを決定

激戦区なだけに、それぞれが特徴あるキャラクターになっている  扱いやすいサイズで燃費が良く、お値段も手ごろな国産車の代表格がコンパクトカー。5ナンバーサイズで運転も駐車もしやすく、ビギナードライバーからベテランドライバー.…

続きを読む...

【試乗】運転のしやすさを徹底追求! 運動性能を磨き上げた新型MAZDA3の走りに脱帽

運転姿勢など人間中心のクルマづくりにこだわった  アクセラ改め、世界基準のネーミングとなったマツダ3。古くは、愛車でもあったファミリアがマツダ323という車名だったのを思い出す。このタイミングでマツダ3の車名を与えたのは...

続きを読む...

販売台数は100万台オーバーの怪物コンパクト! MAZDA3の先祖5代目ファミリアの衝撃

有名な映画に登場したことで人気に火をつけた  登場したばかりのマツダ3。つまりアクセラのルーツとなるのが、マツダのファミリアだ。マツダを代表する2ボックスハッチとして人気を博し、その車名の通り、ファミリーカーとしても長く...

続きを読む...

排ガス規制で消えゆくクルマもあったが意欲作も登場! 平成14年誕生の名車&迷車5選

苦しい時代ながらも挑戦的なモデルが多数登場した  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震...

続きを読む...

1000万円以下でもこの快適さ! 超VIP気分が味わえる後席をもつクルマ4選

ミニバンの王者は後席もスゴイ!  1000万円オーバーの超高級車でなくても後席でVIP感覚を味わえるクルマ、そんな観点で選んだのが以下の4車。社用車としてだけでなく、後席に家族や友人を招き入れるのに最高の、ファミリーカー...

続きを読む...

1 / 2212345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

alpari кидалово

www.profvest.com

profvest.com