「国産車」の記事一覧

閉め忘れもなくなるのになぜ? 給油キャップレス車が日本車に普及しないワケ

商品力につながる差別化とまではいかないのが理由のひとつ  クルマに給油するときの作業といえば、フューエルリッドを開けて、キャップを外して、給油ノズルを刺してレバーを引く……といったものだが、いちいちキャップを外すのは面倒...

続きを読む...

高額の高級車がなぜバカ売れ? トヨタ・アルファード&ヴェルファイアが成功したワケ

ハイブリッドが存在することが大きなアドバンテージ  トヨタの最上級&最高級ボックス型ミニバンのアルファード&ヴェルファイアが絶好調だ。価格は売れ筋のHVで約500万円から。これまた人気の最高額グレード、H...

続きを読む...

時代の転換期になったモデル多数! 明暗クッキリの平成16年誕生のクルマ4選

最近は人気が低迷しているセダンが多数登場した  2019年5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東...

続きを読む...

大人気で完売のニュースも流れた「買えないトヨタ・スープラ」をディーラーに展示する理由とは?

4気筒モデルはまだ注文が可能!  永遠とも思えるほど長いティザー期間を経て、ようやく販売となった新型スープラ。  しかし、正式な発売を前にして、すでに6気筒の3リッターターボエンジンを搭載する「RZ」グレードは完売という...

続きを読む...

今オーダーしても半年待ち! 大人気なのにトヨタ・スープラを増産しないワケ

スープラは複数メーカーの車両を受託生産する会社で作られている  トヨタから復活したスープラの納期が非常に長くなっています。2019年6月の時点でオーダーを入れたとしても、工場出荷は2020年2月と半年以上先(2019年7...

続きを読む...

サポカーSワイドに該当! 三菱「ミニキャブバン」と「タウンボックス」が一部改良

先進安全機能6つを新たに搭載して安全装備を充実  三菱自動車は7月11日、軽商用車の「ミニキャブバン」と軽乗用車「タウンボックス」に一部改良を施し、発売した。  今回の一部改良では、ミニキャブバンの「ブラボーターボ」と「...

続きを読む...

首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

営業車だって走りがいいに越したことはない!  営業車、というと一昔前は4ナンバーのライトバンか軽ボンネットバンが当たり前だった。  しかし、気づけばライトバンよりもアクアやプリウスといったハイブリッド車が営業車として使わ...

続きを読む...

日産デイズ ボレロなら女子だらけのドライブも盛り上がる! クルマ女子会でわかったその秘密とは

デイズ ボレロ専用のツートーンカラーが大人気  男子にはナイショのあんなコトやこんなコト……はもちろん、仕事の悩みや将来の夢だって心おきなく語れる女子会は、毎日奮闘する私たちにとって、なくてはならないホッとできる時間。そ...

続きを読む...

安全性を高めて魅力アップ! スズキ・ソリオに特別仕様車「GX2」ならびに「GX4」を設定

オシャレなホワイトルーフの2トーンカラーも用意  スズキは、コンパクトなボディにスライドドアを備え、ファミリー層を中心に人気のソリオに、快適装備を充実させた特別仕様車「GX2」ならびに「GX4」を設定し発売した。メーカー...

続きを読む...

ツウも唸る隠れ名車! まだ安く入手可能なちょっとマイナーな国産ネオクラ車4選

今ならまだふた桁万円で入手できる個体が多数!  未だに「旧車」というと1970年代以前のモデルを指すことが多いが、気がつけば来年で2020年となるわけで、1980年代に生まれた車両たちであっても40年近い年月を経た、立派...

続きを読む...

【ムービー】女子3人が大興奮! 日産デイズ ボレロがドライブ女子会を盛り上げた理由とは

オシャレなカフェにもぴったりマッチ!  カーライフジャーナリストのまるも亜希子さん、普段クルマのイベントなどでMCを務める星美香子さん、そしてProgramme-politique編集部の乾ひかりというクルマ好き女子3人でドライブに出かけ...

続きを読む...

悩ましいトヨタ新型スープラの「3グレード」選択! 選んで正解なのはズバリどれ?

それぞれが独自の魅力を備えているため、並列の関係になっている  新型スープラの生産は、オーストリアにあるマグナシュタイヤー社のグラーツ工場が受け持つ。開発者によると「マグナ社は少量の受託生産が得意で、スープラと基本部分を…

続きを読む...

超便利な「わくわくゲート」はなぜ受け入れられない? ホンダ・ステップワゴンが苦戦するワケ

わくわくゲートの左右非対称のデザインは女性に不人気  日本の多人数乗用車、ファミリーミニバンのパイオニアである、ホンダ・ステップワゴンの5代目が苦戦している。2018年4月~2019年3月期の販売台数は5万3478台(標...

続きを読む...

DNGA採用モデル第一弾! 軽自動車「初」の装備満載で新型ダイハツ・タントが誕生

幅広い世代のライフパートナーとなる存在に  ダイハツは2019年7月9日(火)、新型「タント」をフルモデルチェンジして発売。報道発表会には奥平 宗一郎代表取締役社長が登壇した。 「1907年の創立以来、多くのスモールカー...

続きを読む...

1 / 17112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

別れさせ屋 神奈川

www.xn--48jm9l298kivk3xn9wl.com

flower delivered to kyiv