新世代ディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツG350dをラインアップに追加

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
新世代ディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツG350dをラインアップに追加

高い環境性能を備えたディーゼルエンジンを搭載

 メルセデス・ベンツ日本は4月4日、メルセデス・ベンツ「Gクラス」に直列6気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載した「G350d」を追加した。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店を通じて、4日から予約注文受付を開始。納車は2019年7月ごろを予定している。Gクラス

 Gクラスは1979年に「最高級クロスカントリービークル」として誕生し、ベースとなるスタイリングやボディは歴代踏襲しつつ、最適なパワートレインや装備を加えながら成長してきた。2018年には大幅に改良され、オンロード、オフロードを問わず最適なパフォーマンスを発揮するオフローダーとして進化している。

 今回追加するモデルには、バランスに優れたコンパクトな直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載した。欧州で導入されているRDE(実路走行試験)規制に適合するモデルだ。Gクラス

 OM656の最高出力は286馬力、0-100km/h加速は7.4秒を記録。ディーゼルならではの最大トルク600N・mは1200〜3200rpmという低回転かつ幅広い範囲で発生する。可変エンジンマウントを採用したことで低振動や静粛性を保ちながら、スムースな加速を実現。長距離走行がより快適になった。

 エンジンのメカニズムとして、排気側には可変バルブリフトシステム「カムトロニック」を採用。燃焼室内の温度を高めることで排気ガス浄化システムを効率的な温度することができ、排気ガスの浄化につながる。

 さらに9速オートマチックトランスミッション「9G-TRONIC」を搭載。前進ギヤを2速分増やした上で、従来の7G-TRONICと比較して1kgの軽量化を果たした。この9速ATは燃費効率化にも貢献する。Gクラス

 また、排気ガスの浄化システムをエンジンに近いところに搭載したことで、排気ガスの温度低下による浄化効率の悪化を防ぐことができる。ターボチャージャーから出た排気ガスは酸化触媒へ送られたあと、AdBlue(アドブルー)を添加し、ディーゼル排出ガスを浄化する機能を備えている。価格は1170万円(税込み)。

画像ギャラリー