人気のジープ・チェロキーが2グレードを追加してラインアップを拡大

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
人気のジープ・チェロキーが2グレードを追加してラインアップを拡大

トレイルホークは新設計のエンジンを搭載

 FCAジャパンは、2018年10月にマイナーチェンジしたジープ・チェロキーのラインアップを拡大し、3月9日(土)より発売する。

 ジープ・チェロキーは、マイナンーチェンジでフロントマスクを大幅刷新。デザイン変更やヘッドライト類のLED化など、フラッグシップモデルであるグランドチェロキーのような精悍さを手に入れている。ジープ

 発売時はレザーシートなど装備が充実していた「リミテッド」と、導入を記念した限定モデル「ロンジチュード・ローンチエディション」の2モデルで展開していた。今回、ベースモデルのロンジチュードならびに高い走破性のトレイルホークを追加導入。幅広いユーザーのニーズに応えるラインアップとなった。ジープ

 ロンジチュードは、2.4L直4マルチエア2エンジンを搭載。最高出力は177馬力、最大トルク229N・mを発生させる。START&STOP機能を備え、燃費は10.2km/Lとなっている。また、振動の低減や静粛性の向上させたエンジンである。ジープ

 トレイルホークは従来の3.2L V6エンジンから新設計の2L直4直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロール式ターボの採用により、低回転からの優れたレスポンスを発揮し、従来のV6エンジンと同等の272馬力ながら、最大トルクは85N・m増となる400N・mを発揮する。

 また、ターボエンジンでありながらレギュラーガソリンに対応し、燃費はJC08モードで10.4km/Lとなっている。また、トレイルホークならではの装備として、雪道/砂地/岩場など厳しいオフロード環境で真価を発揮するJeepアクティブドライブロック(ロッキングリヤディファレンシャル付き)やオフロードサスペンションの搭載により高い走破性を実現する。ジープ

 もちろん、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応した第4世代のインフォテイメントシステム、両手がふさがってても足先の動作だけでリヤゲートを開くことができるハンズフリーパワーリフトゲート、歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ付き前面衝突警報はすべてのモデルに標準装備されている。

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。
ロンジチュード  429万円
リミテッド    479万円
トレイルホーク  484万円

画像ギャラリー