砂漠をモチーフにしたJeepコンパスの限定車「モハベ・サンド・エディション」を100台限定販売

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
砂漠をモチーフにしたJeepコンパスの限定車「モハベ・サンド・エディション」を100台限定販売

サンドカラーをモチーフにした内外装がオシャレ

 FCAジャパンは、JeepブランドのコンパクトSUVであるコンパスに、限定車「モハベ・サンド・エディション」を100台限定で設定。3月9日(土)より発売する。369万円(税込み)。

 外観はコンパスとして初採用となる、ベージュ系のモハベ・サンド・クリアコートを採用。モデル名の由来ともなっているモハベ砂漠は、アメリカ南西部のカリフォルニア州/ユタ州/ネバダ州/アリゾナ州をまたぐ広大な砂漠だ。その砂をイメージしたカラーリングで、未踏の地を切り開くJeepの冒険心を表現している。ベースモデルのロンジチュードに採用している特徴的なブラックルーフと相まって、スタイリッシュな印象だ。ジープ

 インテイアは、エクステリアカラーと揃えるように、ベージュとブラックの2トーン配色として上質な空間を演出する。ジープ

 もちろん、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警告システム、縦列/並列パークアシスト、アダプティブクルーズコントロールなどドライバーをサポートする運転支援システムも充実している。ジープ

画像ギャラリー