ラングラー風デザインを採用! Jeepレネゲードがマイナーチェンジ

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
ラングラー風デザインを採用! Jeepレネゲードがマイナーチェンジ

よりJeepらしさが際立つエクステリアに変身

 FCAジャパンは、エクステリアデザインを刷新したジープ・レネゲードを2月23日(土)より発売を開始する。グレード構成は従来と同じく、ロンジチュード/リミテッド/トレイルホークの3モデルを導入する予定で、まずは充実した装備と快適性を兼ね備えたリミテッド(355万円・税込み)から発売される。エントリーモデルのロンジチュードならびに、4WDモデルのトレイルホークは、今春の発売となる。レネゲード

 今回のマイナーチェンジで、フロントマスクを刷新。より精悍な佇まいとなっている。ヘッドライトやテールランプは、新型ラングラーにインスピレーションを得た特徴的なデザインへと変更している。

 新設計となるヘッドライトは、デイタイムランニングライトをはじめ、ハイ/ロービーム、フォグランプがLEDへと変更されるなど、機能面でも進化。これにより、従来のHIDタイプと比較し明るさは20%向上し、夜間走行時の視認性が大幅に高まった。レネゲード

 このほかエクステリアでは、リミテッドのドアミラー色をシルバーからグレーに変更したほか、ホイールデザインも一新している。

 パワートレインは1.4L直4マルチエアに変わり、新世代1.3L直4マルチエア2エンジンに変更。セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付きターボ、アイドリングストップ機能などを備えて低燃費と優れたパフォーマンスを両立させている。リミテッドでは従来モデルと比較し、11馬力アップとなる151馬力を発生。最大トルクは40N・m増となる270N・mを発揮する。

 燃費性能においては、実燃費に近いWLTCモードにおいて13.5km/Lとなっており、高出力・高トルクながら優れた低燃費性能を実現した。

 また、ドアミラーの自動格納機能が追加されたほか、オーディオ&ナービゲーションシステムUconnectには、地デジチューナーが標準装備に。また、全車カーエアコンの冷媒使用量を減らしたことで、環境面にも配慮している。レネゲード

画像ギャラリー