ジープ・コンパスが安全性や快適性を高める一部改良を実施

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
ジープ・コンパスが安全性や快適性を高める一部改良を実施

最上級グレードは装備充実でも価格据え置き

 FCAジャパンは、ジープのコンパクトSUVであるコンパスの安全性・快適性を高めるべく商品改良を行った。323万円(Sport)〜419万円(Limited)。コンパス

 ジープのフラッグシップであるグランドチェロキーのデザインDNAを継承し、2017年12月より国内販売がスタート。ジープ伝統の高い走破性や機能性の高さが人気の秘密だ。

 4WDモデルの最上級グレード「Limited」では、アイドリングストップ機能を新たに採用。これにより、1リッターあたりの燃料消費が23%向上している。また、ラグジュアリーパッケージのセットオプションだったパワーリフトゲートを標準装備。装備を大幅に充実させながらも、価格は据え置きとなっている。コンパス

 ブラックペイントのルーフを採用して、さらにスタイリッシュさを手に入れた「Longitude」には、新たに衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報や車線逸脱警報プラス、縦列/並列駐車アシスト、リヤバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロールなど、Limitedと同等の装備を標準化した。コンパス

 さらに、雨量感知機能ワイパー、オートハイビームヘッドライト、自動防眩ルームミラーなども追加。安全・快適性が大幅に高まっている。これだけの装備充実を図ったにもかかわらず、改良前と比較し18万円高と、価格アップは最小限に留めている。コンパス

 そのほか、前者でカーエアコンの冷媒使用量を減らすなど、環境にも配慮した。なお、ボディカラーはエグゾティカレッド/ハイドロブルー/ミニマルグレーメタリック/ヴォーカルホワイト/ブリリアントブラッククリスタルの全5色を用意している。

画像ギャラリー