上級モデルのいいとこ取りをしたジープ・グランドチェロキーの限定車「Sモデル」が120台限定発売

  • シェア
  • ツイッター
  • はてブ
  • Google+
上級モデルのいいとこ取りをしたジープ・グランドチェロキーの限定車「Sモデル」が120台限定発売

日本未導入モデルがベースの貴重な1台

 FCAジャパンは、Jeepブランドのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」に、限定車「Sモデル」を設定し、2019年1月12日(土)から120台限定で発売する。グランドチェロキー

 限定車に名付けられたSモデルのSは、グランドチェロキーシリーズの上級モデルである「Summit」ならびに高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来。各モデルの特徴的なデザイン要素を取り入れつつ、装備を充実したモデルとなっている。グランドチェロキー

 フロントマスクは、Summitの特長でもある3分割タイプのロアグリル、アクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色のフロントバンパーを採用。さらに、ブランドバッジを随所に配したグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツのほか、SRT8と同等となるブラックルーフレールを装備。より洗練されたエクステリアデザインとなっている。

 この限定モデルは、本国ではLimitedとSummitの中間に位置づけられている、日本未導入モデル「オーバーランド」をベースに仕立てている。20インチアルミホイールと、ナッパレザー&スエードの上質なシート、レザー仕立てのインパネおよびレザードアパネルやレザーセンターアムレスとを装備。さらに、ブラックウッドのインテリアアクセントなど、プレミアム感を強調させている。グランドチェロキー

 また、前席および後席の開放感を高めてくれるデュアルペインパノラミックサンルーフが特別装備されている。ボディカラーはダイアモンドブラッククリスタル(限定70台)、ブライトホワイト(限定40台)、そして本来はSRT8専用色となるヴェルヴェットレッド(限定10台)の3色から選択が可能だ。グランドチェロキー

 魅力的な装備を満載としながら、Limitedに対して10万円高の620万円(税込み)と、魅力的な1台に仕立てられている。

画像ギャラリー